どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

大腸ポリープ切除…後の組織検査もクリアしての今回<巡行>の旅でした

-No.1461-
★2017年09月21日(木曜日)
★11.3.11フクシマから → 2387日
★ オリンピックTOKYOまで → 1037日

*18日間にわたる《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>2017夏…の報告、帰宅後1週間の猶予をいただきましたが、未だに追いつかない写真整理をつづけながら…になりますけれども、とりあえず27日(水)から始めさせていただきます。お待たせしました*



◆この夏、旅立ちの前に、20年ぶりの大腸内視鏡検査を受け

 その結果までがナント20年前と同じ、ポリープ2つを切除(摘出)してもらって…ぶじ〝生還〟などと、おおげさな話しをしました。
 そんな気分だったのは、ホントのことだったんですが。
 
 じつは、その時点ではまだ「確定無罪ではない」気がかりがのこってまして。
 それは、切除したポリープの組織検査をしてみないと「◎」なのか「○」なのか、はたまた「△」か「×」かも知れませんでした。

 「自分のことは自分がいちばんよくわかっている」という言が、正しくもあり、また、とんでもない思い上がりでもある…ということ。
 この歳になると、さすがにそれくらいの智慧はありまして。

 いまは基本的にわるくないボクの体調、冗談でなしに、わが人生で最良といってもいいかも知れないいま現在なのですが……
 若い時分の「酒と煙草の日々」が、身体に響いていないわけもなし。
 若く盛んな肉体ほど癌の成長もまた早い、ということがあるいっぽう、細胞や組織にもいうまでもなく老化があるわけですから、「弱り目に祟り目」の厳しい現実もまたあるにチガイありません。
 どっちの目がでてもオカシくない、フシギでもない。

 ……………

 覚悟(これもけっして大袈裟ではなしに)のうえ、夏休みあけの胃腸科医院を訪れ、気息をととのえて自分の番を待つ時間の、まぁ長かったこと。
 
 でしたが…検査の結果は、内野安打ぎりぎりの「セーフ」。
 高校野球の審判よろしく、大きく両の手を広げてくれました。
 検査のとき担当(施術)医が言っていたとおり、5段階中の3番目「腺腫」でした。
 つまりは、まだ「癌化はしていない」段階。
 「3」と、「4」および「5」との差はヒドク違う。

「ラッキーでしたね」
 女医さんの言には二つの意味が籠められていました。
 ひとつは、「20年も放っておいて、このタイミングでこの程度ですんだ」ことがラッキー。
 もうひとつには、ポリープの1つは平たくて低い丘のような形状をしており、大腸の壁の陰に隠れて見すごされやすいタイプのもの。それが「見逃されずにすんだ」こともラッキー。

 ぼくは、これに懲りて来年からは毎年、大腸内視鏡検査をうけよう本気でいたのデスが。
「そうねぇ、こんどは3年後くらいでいいんじゃないかしら」
 とのこと。
 思わずフーッと気が抜けて。

 「生かされている」
 こんな言い方、若いときのボクだったら、気負いがすぎ、気障にすぎて反感をまねくだけだったでしょう、けれど。
 いまは、心底ナットクしていますから、サラリと言える。

 もう少し「生きられそう」。
 それが、じぶんでもビックリするくらいうれしくて……

 おかげさまで、予定どおり18度目の《11.3.11》被災地東北への<巡行>に出発、18日間の長途を旅して無事に帰ってくることができました。
  「ありがとう宙〔そら〕よ」
 ボクが、ベテラン漁師を真似て立てた人差指には、秋の風よろし……


 
 

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-資料・フォト整理➃-

-No.1460-
★2017年09月20日(水曜日)
★11.3.11フクシマから → 2386日
★ オリンピックTOKYOまで → 1038日

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-資料・フォト整理➂-

-No.1459-
★2017年09月19日(火曜日)
★11.3.11フクシマから → 2385日
★ オリンピックTOKYOまで → 1039日

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-資料・フォト整理➁-

-No.1458-
★2017年09月18日(月曜日、敬老の日
★11.3.11フクシマから → 2384日
★ オリンピックTOKYOまで → 1040日

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-資料・フォト整理➀-

-No.1457-
★2017年09月17日日曜日
★11.3.11フクシマから → 2383日
★ オリンピックTOKYOまで → 1041日




*台風18号接近…列島縦断の模様、首都圏では一気に気温が晩秋モードまで急降下しました。ボクは休養日をおえて資料・写真の整理にかかります。これがいつも難儀なことで、旅の空にあったときの方がずっと気分がイイ…のです、スイマセンもう少しお時間をください*

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-休養日➂-

-No.1456-
★2017年09月16日(土曜日)
★11.3.11フクシマから → 2382日
★ オリンピックTOKYOまで → 1042日

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-休養日➁-

-No.1455-
★2017年09月15日(金曜日)
★11.3.11フクシマから → 2381日
★ オリンピックTOKYOまで → 1043日

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 帰宅後-休養日➀-

-No.1454-
★2017年09月14日(木曜日)
★11.3.11フクシマから → 2380日
★ オリンピックTOKYOまで → 1044日

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 18日目-午後の大洗港に着岸、帰宅する-

-No.1453-
★2017年09月13日(水曜日)
★11.3.11フクシマから → 2379日
★ オリンピックTOKYOまで → 1045日

f:id:sashimi-fish1:20121128152046j:plain


*このたびは帰途の洋上、はたしてどんな感懐を抱くことになるのか……*

9月12日、17日目、夕張

f:id:sashimi-fish1:20170912072102j:plain
f:id:sashimi-fish1:20170912072106j:plain
f:id:sashimi-fish1:20170912072113j:plain
夕張が気になって、また訪れました。
「石炭の歴史村」が公開を再開した…という情報があったから、でしたが。
あいにく、お休み、で入れず。
月曜休館はよくある、けれど、月・火連休というのは少ない。
財政再建”途半ばの、地方自治体の苦しさを、見せつけられた思い。
かっての「メロン城」は廃墟、市街地の商店は軒並みシャッターを閉じ、道行く人影もまばら…。
「採炭救国」の時代は栄華をきわめた街が、いまは青息吐息。
よそ事じゃありません。
これから先、同じ苦しみをあじわう自治体が幾つ現れるか…そういう時代背景の中に、いまあります。
原発安全」が神話にすぎなかったように、「経済成長永続」も悪い夢、デス。

―快生や! なっつまん浅生―

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 17日目-苫小牧の苫東ファームを取材の後、フェリーで帰途につく-

-No.1452-
★2017年09月12日(火曜日)
★11.3.11フクシマから → 2378日
★ オリンピックTOKYOまで → 1046日

f:id:sashimi-fish1:20161209074810j:plain

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 16日目-復活なった夕張「石炭の村」を訪ね、ふたたび伊達市へ-

-No.1451-
★2017年09月11日(月曜日)
★11.3.11フクシマから → 2377日
★ オリンピックTOKYOまで → 1047日




伊達市の元農務課長Mさんとは、亘理町イチゴ農家の移住誘致以来すっかり仲良し、友だちづきあいをつづけさせていただいている、これは被災地巡礼のご褒美かも…今夜も市内で一献*

9月11日、16日目

f:id:sashimi-fish1:20170911055828j:plain
f:id:sashimi-fish1:20170911055833j:plain
“北の国”札幌の空は、すっかり秋の色。
きのう1日は、一度もハンドルを握らずに、お気に入りのホテル「クラビーサッポロ」に滞在、法事の日をすごした。
こんなことは、“巡礼”の旅でこれまでになかった…それに気づいて軽い驚きがいまのボクにある。
人というもの、他の生命と関わりつづけること、自らを見つめつづけることをしないかぎり、生涯かわることなく、そのままにいずれ朽ちていく…哀しいかな、それだけが確かなこと。
あらためて、見つめなおして、ボクは行く。
きょうは、当別町の亜麻畑、夕張市に復活した「石炭の歴史村」を訪ね、もういちど噴火湾沿いの町伊達市へ、心からの友と一献かたむけに…
旅のしめくくりの日も近い。

《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>/ 15日目-この日は義姉さんの一周忌法要に出席-

-No.1450-
★2017年09月10日日曜日
★11.3.11フクシマから → 2376日
★ オリンピックTOKYOまで → 1048日



9月10日、サッポロ

f:id:sashimi-fish1:20170909180451j:plain
f:id:sashimi-fish1:20170909180458j:plain
昨日9日は、キャンプ地グリーンステイ洞爺湖からサッポロ入り。
義姉お二人の墓参をすませました。
昼食に食べた“十割そば”が、香りもよく美味かった。
北海道産の蕎麦粉は上質、にもかかわらず北海道で美味い蕎麦を食べさせる店がすくないのを不思議に思っていましたが…ありました。
札幌市清田区の「農家の茶屋」というお店の蕎麦は、グンバツ
ふんわり厚焼き玉子もヨカッタ、おすすめです。