どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

9月7日、下北、津軽海峡、下風呂温泉

f:id:sashimi-fish1:20170907055615j:plain
昨日6日は、いよいよ“みちのく”入り、本州最果ての“まさかり”下北半島へ。
核燃料再処理につまずく六ヶ所村東通原発の浜を通って、尻屋崎。
折から、陽の西に傾く午後3時すぎ、ちょうど6~7頭の“寒立馬”たちが“家路”につくところに遭遇。
彼らは、朝から尻屋崎の牧野で草を食み、陽が暮れる前に飼い主の待つところへ、リーダーを先頭に自主的に帰ります。
ただ従順なだけ、のようにいわれますが…。
野生動物たちの生き延びる戦略とはまた別の、家畜ならではの賢さを感じさせられます。
くらべて見てヒトは、どうか…。考えてしまいます。