どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

浦賀水道、観音崎…毎日が船の展覧会で、運動会で、かくれんぼ…

-No.1299-
★2017年04月12日(水曜日)
★《3.11》フクシマから → 2225日
★ オリンピック東京まで → 1199日




◆癒し旅

 気が重くなると、旅にでる。
 旅の空に、心は晴れて、軽やか。

 かわりに、身体を労して、帰る。いっそ、
 帰らなければいい…と考えたこともあったが。

 ときどき、癒し旅をとりいれてやれば、それでよかった。
 ぼくの癒し旅どころは、三浦半島
 浦賀水道にのぞむ観音崎、すぐ向こうには富津の岬。

 潮風に頭寒体熱の露天風呂もいいが。
 来る日も来る日も休む間もない船の往来、展覧会。
 運動会というか、追いかけっこのようで、かくれんぼみたいで。
 
 双眼鏡を友に、飽きもせず。
 こんど、いちばんの癒しは、かくしきれずに春めく海。
 トンビの胸の和毛〔にこげ〕、うふふと…風にほほえむ。