読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

三浦半島「小網代の森」へ

-No.1271-
★2017年03月15日(水曜日)
★《3.11》フクシマから → 2197日
★ オリンピック東京まで → 1227日








 また、ぼくらにとっての「ヘルス・リゾート」三浦半島へ。
 寄り道ひとつ、心がけて、きょうから1泊2日の小さな旅に行ってきます。
 観音崎京急ホテルのスパに心身を癒して、こんどの場合は、かたがた春を迎える気がまえ、身体の準備をうながすために。

 このところ、小さな半島の自然〔じねん〕の生態系をのこす、油壷に近い「小網代の森」に心を寄せておりまして。
 わずか2キロたらずの歩きなのですが……
 昨年の12月にも、ちょと立ち寄ったのですけれども……
 冬枯れの、とば口をうろついただけで、帰ってきてしまいました。

 詩人だと、こういうときにこそ胸襟をひらけるのでしょうが、どうもボクというやつは詩的な気分が薄いらしい。
 生きものの息吹が、目に見えるカタチでないと、胸がおどらないようにできてるみたいです。

 こんどは春の気配、いいあんばいに近づいて。
  〽あるきはじめた みいちゃんが
   あかいはなおの じょじょはいて
   おんもにでたいと まっている
 ……ような状況だし、天気予報もよさそうだし……

 なんて昨日まで思ってましたっけが、天気予報は日に日にずれて雲ゆきあやしく、いま前日の時点で、都心でも雪の散らつきそうなあんばいです。
 まぁ、そんときゃそんときなんですが。
 行ってきます。