読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

十勝・上士幌町「ちょこっと暮らし体験」リポート-滞在6日目-/医療のこと…教育のこと…農業のこと…

旅・散歩・遊ぶ

-No.1188-
★2016年12月22日(木曜日、天皇誕生日
★《3.11》フクシマから → 2114日
★ オリンピック東京まで → 1310日






◆11月8日(火)、はげあん診療所

 6時起床…まもなく音もなく雪ちらちら。
 ツルが3羽、視界を横ぎって渡る。タンチョウか…は未確認。
 きょうは燃えるゴミ出しの日、かみさんエゾリスに遭遇したと興奮気味に報告する。 
 やがて雨……
 
 モデルハウスの部屋の乾燥かわらず、喉がからから、ひりひり、痰がキレなくて。
 「そうだ、お医者さんに診てもらおう」と思いつく。

 旅先で、どこか具合がわるくなっても、よほどのことがないかぎり、ガマンして、自宅に帰ってから〈かかりつけ医〉に診てもらうのが、まぁふつうのパターンだろう。

 しかし、このたびは〈移住体験〉でアル。
 地域医療の実態も知っておきたい。

 コンシェルジュからの情報にも医療機関の紹介があり。
 「はげあん診療所」というのに心がうごいた。
 ぼくは、井伏鱒二の『本日休診』をイメージしたわけだけれど。

 お医者さんモノは、ドラマの定番。
 たいがい、ちょと変わり者の人間像が描かれ。
 患者たちとのさまざまな交流をとおして、ヒューマンに語られる。

 「はげあん」先生に逢ってみれば、町内事情の一端も知れそう。
 しかし、なにかしらなければ診てもらうわけにもいかない。
 風邪っぽい…これはいいチャンスだった。

 「はげあん診療所」の専門は整形外科のようだったが、もちろん総合診療の役割もになう。
 待合室には、近在近所のお年寄りの姿が目立ち、なごやかなムードがかもし出されていた。
 壁に掲示されたあれこれを見ると、地域文化の担い手、指導層の一人であることもうかがい知れる。

 ぼくの、いいかげんっぽい症状にも、真摯に対応してくださり。
 「はげあん」の印象、想像にたがわず(いいんでないかい)、ぼくはおおいに安堵した。

 町にはほかに、介護老人保健施設を併設したクリニックがあり、総合相談窓口の地域包括支援センターもある。 







認定こども園「ほろん」と子育て支援センター

 昼すこし前に、子育て支援プログラムの充実を目指す町自慢の施設、認定こども園「ほろん」を訪問、見学させていただく。

 ”移住”にも2つのタイプがあって。
 ぼくらのような年寄りが「二地域居住型」とすれば、若い働きざかりは「就業定住型」。
 いうまでもなく、この”北の大地”に似あうのは、基本「就労定住型」になる。
 そういう若い層に向けた環境整備は、これから将来の地方自治にはかかせない。

 昨年オープンしたばかりの、「こども園」は幼稚園無料(医療費も無料)、子育て支援センターが付属しており、無料開放「遊びの広場」のスケジュールも気くばりされている。

 子どもたちが、人なつこく、素直なのがいい。
 子どもなりに、まず、きびしい自然環境への認識があるからだろう、できることは自分でする習慣と、大人たちの支援に甘え感謝する姿勢が目に見えて、とても気もちよかった。

 給食施設も充実しており、「とても助かってます」というお母さんたちの声を、かみさんは「ふれあいプラザ」のお風呂などで、聞いてもいた。
 いずれにしても、ぼくらの頃には考えられなかったことばかり……

 来年度には、世代間コミュニケーションの場「生涯学習センター」もオープンの予定という。

 手づくり「花鉢スタンド」をプレゼントして辞去。



◆ビート(砂糖大根)の収穫

 午後は、近郊の畑作地をぐるり、ひと巡り。
 農家は特産のビートや、名産ナガイモの遅れた収穫に大忙し。

 例年より「半月も早いさ」、「平年ならまだ積雪ゼロだもな」の嘆きの声ばかり。
 暗くなってもトラクターがしきりに動きまわっていた。

 昨日の夕刊紙「勝毎」のトップ記事、タイトルは。
 「畑の実り 覆う雪」
 「収穫、防除作業に遅れ」
 だけではない、雪の下で越冬する秋まき小麦が、雑菌によって枯死する「雪腐れ病」の防除作業にも影響がある、とのこと。
 
 ビートは「ビーツ」とも呼んで、蒟蒻に似た塊は「砂糖大根」より「西洋赤蕪」のほうがぴったり。
 ビートからつくられる砂糖は「甜菜糖〔てんさいとう〕」ともいって、ぼくら中学生の頃は語呂合わせで、「頭がよくなる砂糖」と覚えた日があったことを想いだす。

 明日からは、また雪の予報。
 荒れ模様になるかも、の観測もある。