どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

4月14日(月)《3.11》2014春の巡礼-12日目-/陸前高田→気仙沼→南三陸町→女川→牡鹿・鮎川

-No.0205-
★2014年04月14日(月曜日)
★《3.11》フクシマから → 1131日
★オリンピック東京まで → 2293日


◆《3.11》2014春の巡礼-12日目-

 3年目8回目の東北巡礼中。
 4月3日から17日までの、今回も約2週間。
 ですから、これは先行の予定記事。
 報告は帰宅後に……しばらくお待ち願います。

◆4月14日(月)

 陸前高田から気仙沼、波路上の「森の防潮堤」を確認。
 南三陸町では、震災遺構保存の是非をめぐって揺れる防災庁舎のその後を訪ね。
 石巻市雄勝の浜、女川の盛土復興住宅地を視察。
 牡鹿半島の突端、鮎川に(泊)。