どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

オリンピックとパラリンピック/         同時に、一緒に、開催したい

-No.0166-
★2014年03月06日(木曜日)
★《3.11》フクシマから → 1092日
★オリンピック東京まで → 2332日

 気仙沼女子高校で最後の卒業式。
 気仙沼大島へ渡るフェリーから街を見送ると、校舎の屋上に体育館を載せた特異な建物がひときわ目をひく。狭い傾斜地に、なんとか工夫を凝らしての建物である。
 地元の船客に訊ねると「もうじき無くなるんだよぅ」という声が返ってきた。
 あのときから3年。
 《3.11》の影響もあったが、校舎は老朽化、生徒数も少なくなったので廃校を選択したという。
 街や港とともに歩んできた女子高が、姿を消す。
 またひとつ、大震災・大津波の記憶が……。

◆明日7日から、こんどはパラリンピック

 
 ウクライナへのロシアの干渉で(それどころではなくなった)雰囲気もあるなか、ソチで冬季パラリンピックが始まる。

 オリンピックとパラリンピックは、同時に、一緒に、開催できないものか。
 ぼくは、声を大にして言いたかった。
 「パラリンピックは障害者のスポーツ」という決めつけが、偏見をひきずり、まだどこかに差別の根っこが隠れている。
 たとえば“車椅子マラソン”もそうだが、障害者の運動能力の高さ、スポーツに取り組む姿勢を見れば、偏見の健常者は顔色をうしなうことだろう。
 
 フェアに、あらゆる障害を乗り越え、真の平等を求めようとするなら、健常者も障害者も同じグラウンドで相見えるべきだと思う。
 競技・種目によってはムズカシイことがあるかも知れない。けれど、できるかぎりを尽くして、なるべくなら同時に、次善の方法として順次でもいいから、とにかく一緒の場に立てるように考慮すること。別開催、付け足し開催をやめ、同時に、一緒に集う。それが、すべての始まりだと思う。

 南アフリカの陸上選手で、義足の「ブレードランナー」と呼ばれる人がオリンピックのトラックに立ったことがある。
 (その彼はいま、殺人容疑者として裁判中の身ではあるけれど…)
 できないことではない、障害者の運動能力を侮ってはならない。

 なんとかできないものか…と思っていたら、なんと。
 いまの国会で、そのことの論議がなされているのを知った。
 (そうか、おなじ考えの人もいてくれたんだな)
 ひさしぶりに、さっぱり湯あがり気分のいい心もちだった。
「2020東京では、なんらかの競技種目で一緒にできるといい、組織委員会などと相談しながら前向きに検討したい、一部競技でも同時開催できれば意義深い」
 下村博文オリンピック担当相の言やよし。ぜひ、忘れないでほしい。

◆オリンピック種目を減らすことも考えたい

 オリ・パラ同時開催を考えるときに、もうひとつ、これから努力しなければならないことは、競技種目の削減である。
 これ以上ふやそうなんて、とんでもない話だ。いい気になりなさんな。
 たかがスポーツ、されどスポーツにすぎない。

 いま世界は、大きな曲がり角に立っている。
 これまでのように気ままな経済成長や、際限のない発展など望むべくもない。
 そうして格差の拡大と、これだけはハッキリしている将来なのだ。
 スポーツも人類文化の一翼であるからには、疲労困憊の地球環境と無縁ではありえない。
 かぎりある資源経済のなかで、すぎたわがままは許されない。
 少しは、人々すべてのことを考えなければいけない。

 代表を派遣する国にしても、できる負担には限りがあるのだから。
 日本はスポーツ振興費が他のスポーツ強国に比べて低すぎる…という意見があるけれど、逆にいえば、そういう他国の方が無理しすぎなのではないか。国威発揚の道具とするなら、軍事費と似たようなものではないか。
 また、だからこそ未来志向は、種目のスリム化・重点種目化が不可欠になるのではないのか。

 陸上や水泳、スキーといった伝統競技にも節度がなくてはならないし、新興の競技には発展の工夫と努力が数層倍もとめられる…のはとうぜんだろう。
 たとえば、陸上と競泳の100mと200mはどちらも必要か、100mがあればいいじゃないか。
 スキーアルペンの滑降・回転・大回転・複合はまぁいいとして、さらにスーパー大回転まで必要なのか。

 いま、あえていう。
 主要な競技には「世界選手権」も「ワールドカップ」もあるのだ。“専門の世界大会”といっていい。
 オリンピックこそは、数ある競技・種目のなかでも“選りすぐりの大会”であるべきだろう。
 そうしてスリム化した上で、オリンピックとパラリンピックは同時開催にし、「パラリンピックという無益な用語」はなくすことだ…と思う。