どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

酒飲みの風邪が長びくのは迎え酒のせい

かぜ-No.0117-
★2014年01月16日(木曜日)
★《3.11》フクシマから → 1043日
★オリンピック東京まで → 2381日

 風邪をひきこんだらしい。
 熱はいまのところないが、頭が痛い。

 12月はじめに、インフルエンザ・ワクチンの接種は受けているから…。
 これは、ほかの風邪らしい。

 ぼくの理解するところでは、風邪はウィルスによる感染症
 インフルエンザというのは、風邪ウィルスのなかでも性質のわるいウィルスによるもので、重篤な症状をともなう。

 だから、インフルエンザ・ワクチンを打っていても風邪はひく。
 けれども、症状は軽くてすむようだ、ともいわれている。

 インフルエンザにも種類がいろいろあって、そのときどき、いちばん流行りそうなインフルエンザ・ウィルスにあわせたワクチンが選ばれる。
 従って、流行の予測が外れれば、あるいは別種のインフルエンザ・ウィルスに侵されれば、やむをえないことになる。

 ともあれ症状は、考えることが面倒くさい。
 新聞を読んでも頭に入らない。

 どうにもならないので、寝ます…オヤスミなさい。
 (酒飲みは風邪をひくと長びく、治りにくいのは迎え酒がいけない、わかっているのでアル)