どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

しごと始め四日の淑気

-No.0105-
★2014年01月04日(土曜日)
★《3.11》フクシマから → 1031日
★オリンピック東京まで → 2393日



 “箱根駅伝”がすんで、ほんとうの、ぼくの年明け。

 きょう4日は「しごと始め」だけれど…。
 世の中には、正月なしに仕事をしてきた人たちのいることをふと思って、シンとなる。
 いっぽう、はじめっから正月なんか「ぜんぜん関係ない」人たちも増えた。

 うつろい、かわりゆく世に、かかわりつつ、わが心は「ざわめかせず」にありたいと思う。

 今年は「しごと始め」が週末なので、とても助かる。トクした気分でありがたい。

 「淑気」という気分をあらわす言葉が、ぼくは好き。
 俳句で新年の季語でもある。
 あらたまる年を寿ぐ表現だけれども、ぼくが感じるのは「緊ったなかにあふれくる和気」といったような風情。

 この正月、太平洋岸では元旦から「淑気」に恵まれたところが多かったようだけれども、これは「こころ澄ませて変化に備えよ」という天の声かも知れない。