どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

“近大マグロ”銀座に水揚げ

★2013年12月03日(火曜日)
★《3.11》フクシマから →  999日
★オリンピック東京まで → 2425日

 数寄屋橋からも近い銀座6丁目コリドー街、帝国ホテル並びといってもいい好立地に、「近大マグロの店」がオープンした。
 名称を正式には「近大卒の魚と紀州のめぐみ 近畿大学水産研究所 銀座店」という。

 前にもお話したとおりの魚好き、天然賞味をつづけてきたボクが、世の趨勢やむなく「養殖魚も食べさせていただく」きっかけになった店。
 大阪梅田店に次ぐ2号店が銀座にできたことで、いよいよ本腰、勝負どころだ。
 
 1970年から研究を続けてきた、クロマグロの完全養殖(産卵からの一環飼育)に成功したのが2002年。ほかにクエ、シマアジ、ヒラメ、タイなど近大自前養殖の魚も味わえる。
 
 さらには、実際の調理にあたるのは専門家ながら、メニューの原案は食品栄養学科の学生が考え、食器は芸術学科の学生が制作する、という方針も佳し。

 ただし、ここしばらくは予約で満員御礼、その後も行列さわぎが続くことになるのは必定。
 そこで、落ち着いて席につけるまでボクは「買って食す」ことにした。
 日本橋・銀座の「三越」と「Odakyu OX」各店で取り扱い…と聞いている。