どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

気象・環境・自然・動植物

「ヒトモトススキ」と「一もとキキョウ」

-No.1519- ★2017年11月18日(土曜日) ★11.3.11フクシマから → 2445日 ★ オリンピックTOKYOまで → 979日 ◆なんでやねん! 秋が深まった…というより、季節はすでに<冬>(7日=立冬)である。 ススキの季節に「ヒトモト…

土星探査衛星「カッシーニ」が消えた夜

-No.1466- ★2017年09月26日(火曜日) ★11.3.11フクシマから → 2392日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1032日*お待たせしました、明日から、このたび18日間にわたる《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>2017…

涙ぐましい「ホテイウオ」父親の愛情物語

-No.1462- ★2017年09月22日(金曜日) ★11.3.11フクシマから → 2388日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1036日*18日間にわたる《11.3.11》被災地東北、18次<巡行>2017夏…の報告、帰宅後1週間の猶予をいた…

ダンスパーティ―をもういちど!

-No.1426- ★2017年08月17日(木曜日) ★11.3.11フクシマから → 2352日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1072日 ◆この夏の酷暑にもめげず この夏のはじめは、いちだんと暑さがキビシかったわけだけれど。 そのかげで、ボクが密…

「核のごみ」最終処分場〝適地〟…国が示した地図/「こちらへどうぞ」お呼びの声がかかるとでも?

-No.1424- ★2017年08月15日(火曜日) ★11.3.11フクシマから → 2350日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1074日*72回めの〝終戦の日〟。堪〔こら〕えて、覚悟して迎えたはずなのに、やっぱりじつはぼく、不意を衝かれてしま…

やっぱりホント!…にあった「オキアミ王国」/  南氷洋、ナンキョクオキアミの世界

-No.1419- ★2017年08月10日(木曜日) ★11.3.11フクシマから → 2345日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1079日 ◆これが!?、プランクトン 酷暑がひと息ついて、夏らしく気風のいい降雨もあったが、まだ処暑には間がある、きょ…

妖怪〝衣蛸〟…噂の主はムラサキダコ

-No.1415- ★2017年08月06日(日曜日) ★11.3.11フクシマから → 2341日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1083日*72回めの「ひろしま原爆の日」。この10日後に生まれたぼくには…にもかかわらず原爆投下の既視感があって、…

メートル法と尺貫法…アナゴを「はかりめ」とも呼ぶ

-No.1414- ★2017年08月05日(土曜日) ★11.3.11フクシマから → 2340日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1084日 ◆測ってください! 千葉房総、富津の浜では「はかりめ」と呼ぶ。 新鮮で美しい肌艶を褒めたら、漁師は「鮮やかだ…

タガメ…水生昆虫界のマッチョマンにいま絶滅の危機

-No.1411- ★2017年08月02日(水曜日) ★11.3.11フクシマから → 2337日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1087日 ◆マムシを餌食にする水生昆虫 子どもたちの夏休みが始まって2週間ほど。 公園や緑道には、捕虫網を手に駆けずり…

はねる…はじける…かっとぶ…いのち

-No.1407- ★2017年07月29日(土曜日) ★11.3.11フクシマから → 2333日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1091日 ◆ぼくは〝はねる〟のが好き 子鹿のバンビは、跳ねるかわいらしさの象徴として、跳ねる、跳ねまわる。 子鹿にかぎ…

動物にも人並の〝認知症〟があり、動物園でも高齢化・少子化が進んでいる…というゲンジツ

-No.1404- ★2017年07月26日(水曜日) ★11.3.11フクシマから → 2330日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1094日 ◆動物たちにも高齢化と少子化の波 なんだそうである。 これ動物園の話し…だが、自然界だって似たような状況では…

「ポリニア」と呼ばれる〝氷海のオアシス〟、海底まで襲う〝氷の竜巻〟

-No.1401- ★2017年07月23日(日曜日) ★11.3.11フクシマから → 2327日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1097日 ◆ぜ~ぜんワカッテない! まだまだワカラナイことだらけ。だから、 ボクの海にたいする憧れは増すばかり…… 『フ…

〝林地崩壊〟…九州北部豪雨の被害を決定的に大きくしたもの

-No.1400- ★2017年07月22日(土曜日) ★11.3.11フクシマから → 2326日 ★ オリンピックTOKYOまで → 1098日 ◆無視したツケを払わされたようなもの 九州北部豪雨から1週間がすぎた7月12日。 この時点で、死者25人。(…

〝世界の新種トップ10〟に日本から初名乗り/手抜きしない職人気質…アマミホシゾラフグ

-No.1398- ★2017年07月20日(木曜日) ★《3.11》フクシマから → 2324日 ★ オリンピック東京まで → 1100日*梅雨が、関東地方では昨日、あけた。ザッとひと雨、驟雨のすぐ後に…といえばカラッと文句のつけようもない、ところなのだが…

ネコザメ…猫耳、豚鼻に髭、そしてネジくれ卵の不思議

-No.1393- ★2017年07月15日(土曜日) ★《3.11》フクシマから → 2319日 ★ オリンピック東京まで → 1105日 ◆卵の鞘がネジれるワケ 全紙半裁くらいの大きなポスター。 「世界の渡り鳥」とか、「珍しい動物たち」とか、「鯨類と海獣たち…

アジサイ「ダンスパーティー」のあざやかな復活のこと…など

-No.1349- ★2017年06月01日(木曜日) ★《3.11》フクシマから → 2275日 ★ オリンピック東京まで → 1149日 ◆〝温暖化〟肌身にはりつく このたびの《11.3.11》被災地福島4泊5日の旅は、連日の晴天。 これ、もとより旅の身にはありが…

動物園の人気〝ご三家〟キリンが「絶滅危惧種」入り/空気のようにアクの少ない大スターの近未来は…

-No.1345- ★2017年05月28日(日曜日) ★《3.11》フクシマから → 2271日 ★ オリンピック東京まで → 1153日 ◆キリンさんが好きです どれくらい前のことだったか…… いくつくらいの子だったか…… 幼い女の子が、はじける満面の笑顔でいう…

卵の孵化…わが子の誕生を見とどけて一生をおえるミズダコの母性

-No.1327- ★2017年05月10日(水曜日) ★《3.11》フクシマから → 2253日 ★ オリンピック東京まで → 1171日 ◆無心に命をつなぐものたち ぼくは、じぶんでも呆れるくらいの魚好きだが、魚にかぎらず水界に棲むものが好き、淡水よりも海…

「流氷」についてのあれこれの表現…なかでも「氷泥」という状態が興味深い

-No.1319- ★2017年05月02日(火曜日) ★《3.11》フクシマから → 2245日 ★ オリンピック東京まで → 1179日 ◆今年は4月4日(火)、根室で「流氷終日」 …じつをいうと、この稿。 関東地方も首都圏あたりでは、3月に入ると梅見もすみ…

〝サムライの叡智〟熊本城と〝地震の巣〟のこと

-No.1317- ★2017年04月30日(日曜日) ★《3.11》フクシマから → 2243日 ★ オリンピック東京まで → 1181日 ◆サムライの叡智 熊本地震から1年が経った。 あの前震と本震、2度の大地震に見舞われた後、細川家の文献を研究している熊本…

サンゴ礁は大都会の下町/            カラフルな小魚たちに混じって獰猛な怪魚も棲む

-No.1316- ★2017年04月29日(昭和の日、土曜日) ★《3.11》フクシマから → 2242日 ★ オリンピック東京まで → 1182日 ◆海の”大都会”は生態系のルツボ ”北帰行”タイプのぼくは、海も、少し薄情に思えるくらいの北の海のほうが慕わしい…

「海のE・T」ハリセンボンは大洋の漂流者/   〝死滅回遊〟の悲劇にも見舞われている

-No.1306- ★2017年04月19日(水曜日) ★《3.11》フクシマから → 2232日 ★ オリンピック東京まで → 1192日 ◆水族館一の”癒し”の展示は… ハリセンボンであろう。 イソギンチャクの触手の原っぱに群れ遊ぶクマノミもかわいいけれど。 胸…

桜の春、そして野の花々…『沈黙の春』の〝嘆き節〟にだけはならないでほしい

-No.1305- ★2017年04月18日(火曜日) ★《3.11》フクシマから → 2231日 ★ オリンピック東京まで → 1193日 ◆4月3日二~三分咲き、6日六~七分咲き ぼくが住む町田にも、いくつか花見の名所があって。 近いところでは恩田川沿いの桜…

「やんばる(山原)国立公園」が〝やばい原〟…にならないことを望む

-No.1302- ★2017年04月15日(土曜日) ★《3.11》フクシマから → 2228日 ★ オリンピック東京まで → 1196日 ◆やんばる国立公園 「奄美群島国立公園」が誕生したのは3月7日、関連記事の投稿は4月9日だった。 (http://blog.hatena.n…

ハブ…という蛇のイヤラシさは〝丸呑み〟の芸にあり/しかし…その分布のダイナミズムには息を呑む

-No.1300- ★2017年04月13日(木曜日) ★《3.11》フクシマから → 2226日 ★ オリンピック東京まで → 1198日 ◆4月9日、日曜日の記事で… アマミノクロウサギの天敵として、毒蛇ハブのことにちょこっとだけ触れた。 毒がなくてもボクは…

「奄美群島国立公園」誕生のこと/        アマミノクロウサギ幼な子の孤独な巣穴暮らしのこと

-No.1296- ★2017年04月09日(日曜日) ★《3.11》フクシマから → 2222日 ★ オリンピック東京まで → 1202日 ◆3月7日(火)、34番目の国立公園誕生 この「奄美群島国立公園」にふくまれるエリアは、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永…

カプッとまるかじり…ほとばしるように旨いトマトが喰いたい

-No.1292- ★2017年04月05日(水曜日) ★《3.11》フクシマから → 2218日 ★ オリンピック東京まで → 1206日 ◆「食べてみてよ」 土佐の高知に住まいする友から、フルーツトマトの箱が届いた。 さっそく、なにはともあれ、まず上掲の写真…

エゾモモンガの暮らしぶり、四季折々のあれこれ、知れました

-No.1285- ★2017年03月29日(水曜日) ★《3.11》フクシマから → 2211日 ★ オリンピック東京まで → 1213日 おとつい。 帯広の、真鍋庭園とエゾモモンガにまつわるお話し、しましたら。 すぐ、その日の夜に、かれらの興味深い暮らしぶ…

シバれる厳冬の帯広「真鍋庭園」から届いた一通の封書

-No.1282- ★2017年03月26日(日曜日) ★《3.11》フクシマから → 2208日 ★ オリンピック東京まで → 1216日 ◆返書のうれしさ 一通の封書が届いた。 北の大地、十勝・帯広からだった。 ちかごろ、”返信”はあっても”返書”を受けとること…

スプラウト(もやし)の群生に胸躍らせながら想ったこと

-No.1275- ★2017年03月19日(日曜日) ★《3.11》フクシマから → 2201日 ★ オリンピック東京まで → 1223日 ◆スプラウト 言葉は語感ぬきに語れない。 いますぐには「たとえば…」ともちだせる好例が見つからない、けれど。 語感によって…